百合建設工業株式会社

失敗をしても立ち止まらず、糧にして次につなげていこうという空気感のある会社。常に挑戦ができるという刺激が心地いい!

建築生産管理部 課長

森川 竜太郎

一級建築士  入社:2012年

入社のきっかけ・動機

百合建設工業に入社したのは2012年になります。以前働いていた大手鋼板会社の子会社を退社して、中途採用で入社しました。下松市の建築士会というものがあるのですが、そこで中野社長に出会ったことが百合建設工業で働くきっかけになりました。以前の職場では施工管理オンリーでしたが、今は設計の仕事も任されていて、業務の幅が増え、スキルが伸ばせました。

この仕事を志望した動機は?

父が大工なのでその背中を見て育ったため、自然と自分も大工になりたいと思うようになっていました。高校進学の時に母親に相談したところ、一度は建築全般のことを勉強したほうがいいからというアドバイスを受けて、徳山高専に進学し建築を学んだのですが、高専に入ってみると、建物の構造や全体を管理していく楽しさの方に徐々に興味を持ちはじめ、自分は大工よりも現場を管理する仕事の方が向いているかも知れないと感じるようになっていきました。
就職先に施工管理の職を選んだと父親に報告した時には、複雑な顔をされたのを覚えています。父親は個人事業の大変さを知っているので僕が企業に就職して安心した反面、自分と同じ仕事を継いでくれなかったのかというさみしさもあったのだと思います。
ただ、百合建設工業に入ってからは仕事での付き合いができて、違った形で親孝行ができたかなとも思っているのですけどね。

仕事のやりがいや達成感はどのような時に?

この仕事は目に見えないところでの苦労というか、微細な部分の積み重ねで大きな建物が出来ていくので、完成したところでしか判断されないことが多くて割に合わないと感じる人もいるでしょうけど、僕自身はお客さんや設計士さんから「なんとかならんかね」と言われるのが快感なんですよね(笑)。無理難題を言われる方がやりがいを感じるし、それを乗り越えたときの達成感は、なんとも言えません。自分だけの満足ではなくて一緒に乗り越えたスタッフやお客様との絆がさらに深まりますし、それがとにかく気持ちいい。そこからさらに、百合建設工業さんに頼んで良かったと思ってもらえたら、本当に最高ですね!

失敗談は?それをどう乗り越えたか

前職では個人住宅に携わることがなかったので、木造住宅の仕事を受け持ったのは百合建設工業に入ってからが初めてでした。当然、大工さんとの仕事の経験もあまりなく、今思うと、大工さんとの仕事の関わり方が雑だったと猛省なのですが、仕上がりのことをきちんと考えずに指示を出してしまって、結果、やり直しをしなければいけなかったという経験がありました。そのことで、仕事への向き合い方や大工さんとの連携がいかに大切かということを学びました。僕が管理しているのは現場ですが、まずは自分自身の仕事がマネージメントできていなければスタート地点にも立てないですよね。それから、もう一つ学んだことは、失敗に対しては真摯な反省を促すけれど、そこに立ち止まらないで次につなげていこうという姿勢がある会社だということでした。もちろん失敗はできるだけしない方がいいけれど、怖がらずチャレンジして勉強することができる環境が整っているなと実感しましたね。

隈研吾建築都市設計事務所様が設計した獺祭ストアを担当して

最初社長から隈研吾さんの仕事を担当してみないかと言われた時は、冗談を言われているのかと思いました。図面を見せてもらって、最初の感想は「かっこいい!」の一言ですね。実際に現場に入ってからも、設計の方のブレない姿勢に圧倒されるばかりでした。覚悟を持ってデザインをしているので、譲らないという強さがあるんです。僕たちにとっては、設計士さんが決めたらもうそれが答えなので、いかにデザインに忠実に仕上げ、綺麗に納めるか、それを徹底しました。僕たち現場管理の仕事は、設計者が求めていることをスマートにかつスムーズに形にできるかだと思うのです。
最終的には隈研吾事務所の方から「森川さん、変態ですね!」と言われるくらいで(笑)。これ、業界的には褒め言葉なんですよ!すごく嬉しかったです。工期もきつかったので、家族の支えがあってこその作品です。

将来の夢や展望は?

将来的には「百合建設工業らしいね」と言われる建物を作っていきたいと思っています。獺祭ストアさんのような非日常空間的な建物を作って、お客様に提供できたら嬉しいですよね。

求職者の皆さんへのメッセージ

最近では建築の分野の就職希望が少ないと聞きますが、僕は、建築は生命と財産を守るもので、自分たちの生活になくてはならないもの、さらに言えば、夢を与えたり環境を変えたりする場だと思っています。そんな魅力的な分野なので、ぜひ一緒に働きましょう!百合建設工業はチャレンジできる会社です。極めれば変態にもなれますよ!