百合建設工業株式会社

ブレない社長のもとで個性豊かなスタッフが伸び伸びと仕事をしている。
そこが百合建設工業の一番の魅力。

建築品質・安全管理部 部長

岡本 武

一級建築士  入社:2018年

入社のきっかけ・仕事内容

百合建設工業には2018年に入社のまだ新人ですが、この業界でのキャリアは長く、すでにベテランと言われる年齢も過ぎましたね。父親が大工だったことから若い時から建物を作ることに興味があり、建築を学びました。ただ、卒業後は通信関連の会社に就職し、光ファイバーをつなぐ工事等を行っていました。しばらく寄り道をしたのですが、同級生から建築の仕事の面白さを聞かされて、この業界に戻り今に至ります。
建築の業界では施工管理が自身のフィールドです。また、百合建設工業に入社してからは、長年の経験を生かして品質・安全管理の分野を任されてもいます。建築物は、表面だけが綺麗でも、基礎になる部分や仕上げ材で覆われてしまう箇所の品質管理がしっかりとしていないと欠陥建築になる恐れが高まります。そういった事故をゼロ化するために、今まで培ってきた知識を生かし、現場でのチェックを行っています。さらにその情報をマニュアル化して、どの現場でも同じレベルの管理ができるための指導もしています。

仕事のやりがいや達成感

一つ一つの仕事は、正直に言って大変さの方が勝ることが多いです。それでも建物が完成してお施主様に引き渡した時に喜んでいただいた時の達成感は何度経験しても嬉しいですね。やったな!という気持ちが、次の仕事への活力に繋がっていくのではないでしょうか。それとやはり、お客様をはじめとした関わった方との交流や信頼関係の構築もやり甲斐の一つです。困難な仕事ほど、完成した時の達成感が大きいというのは、きっとどの分野の仕事でも同じだと思いますが、途中で挫折を味わったりトラブルがあった現場の方が、納めた時の喜びと関わったメンバーとの結束が大きいですね。

百合建設工業の雰囲気は?

私はどちらかというと、現場では厳しいタイプの先輩かもしれません。建築の現場では日々様々なことが起こります。時にはアクシデントも起きますし、危険と隣り合わせの現場もあります。常に緊張感を持つべきだという姿勢が厳しさに出てしまうのかもしれませんね。ただ、百合建設工業の社員はそういう厳しさも含めて慕ってくれて、仕事終わりにはよく飲みに行ったりしています。一人一人が個性的で、でもまとまりもあって和気あいあいとしていて、転職してまだ1年半弱ですが、本当に気持ちよく仕事のできる会社だと感じています。

今後の展望は?

私自身が百合建設工業に入社した理由は、とても勢いがあって今からどんどん伸びていく会社だと感じていたこと、そして、そんな会社に自分の今までのキャリアを提供して、少しでも力添えできたらと思ったからです。しっかりとした理念を持ってブレない社長がいるから、個性豊かな社員たちが伸び伸びと仕事ができている。その伸びやかさが百合建設工業の仕事の優良さに繋がっているように感じています。
私の役割は、今まで学んできた建築の知識、現場の経験を次の世代に伝えていくことですが、さらにその世代がもう一つ若い世代へと引き継いでくれたらとも願っています。その体系づくりをしっかりと固めていくことが大切ですね。

求職者へのメッセージ

建築の業界に少しでも興味がある方なら、未経験者でも歓迎しています。知識は後からでも学べます。まずはやる気、好奇心が最大の武器になります。百合建設工業はとても勢いのある会社なので、特に若い方には働きがいがある職場だと思います。